たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  国分寺市 国分寺市

2016年10月17日

鶯啼庵 秋の演奏会 最終日


 李白の詩に寄り添うニ胡。

 最終日の今日も、とても充実した演奏をさせて頂きました。
雨の中、お越しのお客様、本当にありがとうございました。
 演奏後、温かい拍手と握手を頂きまして、嬉しかったです。

 これもひとえに隅々まで気持ちの行き届いたおもてなしをして下さる
鶯啼庵さんだからこそ、だと深く感謝しております。
 奏者の私たちにまで最終日に懐石料理を振舞って下さる料理長さまの
心のこもったおもてなし。素晴らしいひと時です。
 そのお料理の一つ一つに感激しながら、今日お越しになったお客様の
あのお顔、あのお顔を想い、頂きました。

 ごちそうさまでした。ありがとうございました。


 今日は雨が降ったこともあり、音がやや沈む感じがあるのではないかと
ちょっと調整して臨みましたが、心配していた程ではありませんでした。

 私が毎日3ステージを二年ほど弾いていた頃、こんにちのような良質の
弦を簡単に手に入れることが出来ず、毎日が苦悩の日々でした。
 また、松脂も最近は本当に良い物が手に入りますね。羨ましい時代です。

 ニ胡を愛する方は、是非今のこの時代を享受し、楽しんで研究し、
自分の好きな音、求める音を作ってもらいたいですね。

 最初はわからなくても、まずやってみることです。数ヶ月続けてみる
ことです。弦の張り替えでもコマの付け替えでも。
 それでも天候や自分の腕の進化、皮の状態がどんどん変化する訳ですから、
根比べ、という気持ちを持つことですね。

 今回共演のオーボエ奏者の石井由紀さんは、この鶯啼庵さんで10年前に
一人での演奏から始められた、というお話をされていました。

 続けること、の大切さを語る口調には、真実が宿っていると感じます。

 私自身は、三日坊主どころか、一日坊主なんですが、ニ胡だけは
やめようと思ったことが全くありません。
 ニ胡と二人、心と音と一緒に歩んで、未だに大好きです。
演奏の一曲一曲、自分だけの心の旅をする時間が好きです。

 皆さんのニ胡が思うような音になりますように。いつでも応援しています。


 さて、次はクリスマスライヴが大月市であります。
既にお車で、電車で行きます!というお声をかけて頂いております。
詳細は次回にでも〜。

 ありがとうございました!!
 




  • Posted by みのり at 23:47
    削除
    鶯啼庵 秋の演奏会 最終日