たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  国分寺市 国分寺市

2016年08月12日

コンサートinミュージアム 石洞美術館 ありがとうございました


 箏奏者の喜羽美帆さんと。25弦箏はとても大きい!!

 昨日の「コンサートinミュージアム石洞ミュージアム」は無事に終了
致しました。

 http://sekido-museum.jp


 暑い中、お集まりの足立区の皆様、箏とニ胡の織りなす音楽世界は
いかがでしたでしょうか?とても興味深く聴いて下さり、ありがとう
ございました。

 持参しましたラオスとタイの胡琴たちもお一人お一人の手から手へと
渡り、可愛がって頂きました。

 また、今回はソロコーナーを設けて頂けたり、楽器説明もどうぞたくさん、と
いうことでした。ニ胡の魅力を知って頂くために、たくさん中国各地の民謡や
古典曲を弾く良いチャンスでした。
 とても伸び伸びと演奏させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

 今回のコンサートは足立区のアウトリーチを受講された箏奏者の喜羽美帆さんが
そこでのご縁から私へ、とお声かけ頂きました。

http://www.kousya.jp/tokimeki/culture/

 喜羽美帆さんは、私と同じNHK邦楽技能者育成会出身ということもあります。
複数の糸が織りなすタペストリーのように、一つの演奏もこういった様々な
人との縁、の大結晶なのですね。

 しかしこのアウトリーチ、わが町国分寺でも受講できないかしらん??

 これからも、お声かけ頂けるようにひたすらに精進して参りたいと思います。

 石洞美術館さんに展示されているお宝の数々を、また違う機会を作って
拝見しに行きたいと思っております。とっても素敵な美術館ですよ!

 ありがとうございました。  

  • Posted by みのり at 06:19

    2016年07月18日

    コンサートinミュージアム 石洞美術館



     素敵な美術館にてコンサート予定です。
    抽選で当たった皆様、お会いできることを楽しみに
    しております。

    http://sekido-museum.jp

     ↑石洞美術館のサイトです。(クリックしてね。)

     日本のお箏と共演させて頂くことになりました。
    音量にさほど差が無いと思い、音響設備は無しで臨みます。
    聴く人もその方が一番自然かな、と思います。

     箏、はお爪が三角の山田流で子供のころお勉強したことが
    あります。その後は、NHK邦楽育成会の箏奏者たちの演奏を
    横目で見ていただけかしら。



     箏の思い出。。

     小学生低学年の頃、帰宅すると祖母が箏を弾いていて、
    そのコロコロとして音色に心が痺れ、それを母に伝えますと、
    即座に習いに行かせてもらうことができました。

     綺麗なオレンジ色の着物のようなカバーを箏にかけることが
    何かうきうきとした気持ちになり、他の姉妹とは違うことを
    しているのだ、何か特別なのだ、と寂しい次女だった私の心を
    満足させるに足る行為となっていました。

     
     当日は、今の相棒であるニ胡と一緒に、素敵な奏者が箏を
    奏でてくれます。嬉しいです。

     CDの販売もさせて頂けますので、国分寺くんだりから持って行きますね。
    是非聴いて頂けたらと思います。また、ニ胡猫Tシャツも持って行けそうですので
    あまり枚数は無いのですが、楽しみにしていてくださいませ。


     発表会後のレッスンでは、数週間ぶりに会う生徒さんたちのニ胡から
    すごく良い音色がしてきます。相当弾きこまれた成果ですね。
     調整もいつの間にか上手になっていることがわかります。

     「良い機会を頂く事ができて、感謝しています。ありがとうございました」

     と新人の方からきちんとお言葉を頂き、先生冥利に尽きます。
     
     また、さくらんぼ、桃、ワイン、ハンカチ、お祝い、などなど
    お中元としてお気持ちを送って下さった生徒さんたちも、私のことを
    少しでも気遣ってくれたことがわかって、嬉しいです。ありがとう。

     久しぶりに「みのり通信」を会場でお配りしようかなあ、と作り始めています。

     益々暑くなりますね。どうぞご自愛くださいませ。

     
      

  • Posted by みのり at 10:26

    2016年06月29日

    発表会vol.7無事に終了いたしました



     26日(日)国分寺市立いずみ大ホールで行いました
    「ニ胡発表会vol7」はおかげさまで盛況のうちに無事に終了致しました。

     回数を重ねる毎に、お客様の数も増えていきます。
    お忙しい中、またせっかくのおやすみのところ、足をお運び頂きまして
    誠にありがとうございました。
     たくさんの温かい拍手をありがとうございました。これからの
    励みになります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。


     三月の春祭終了直後から怒濤のようなレッスン期間と企画の推進に
    始まり、当日朝からの仕込み、進行、監督、と数十人を率いて無事に
    終了させることの醍醐味を感じています。
     
     昨年から軽く十人を超えて集うこの発表会というのは、ニ胡の愛好家が
    それだけ何かを求めて来られていることがはっきりとわかります。
     ニ胡を譜面通りに弾くだけではなく、日本人らしいレベルの高さで
    表現し、更には将来、個々の望みのようにまで技術や音楽性を持った
    一人一人になって頂きたいと考えています。

     と同時に、我が生徒さんたちには様々な役割を持たせ、裏方であろうと
    ナレーションであろうとはたまた受付であろうと打ち上げ幹事であろうと、
    なんでもいいから人前で声を発せざるを得ない、または他人とコミュニケーションを
    取らざるを得ない状況に立って、経験値を上げてもらいたいと考えています。

     そういうこともあり、今年も新人、旧人(えへ)構わず汗水流して
    立ち回って頂いたこともあり、だからこそ、「無事」に終了できたこと、
    お知らせいたします。
     
     私がざっくり描いた油絵を、きっと裏で非常に緻密な絵筆でもって
    絵を完成させて下さったであろう、そんな方々に感謝しています。
     本当にお疲れさまでした。

     また来年もちょっと背伸びした部分と、慣れてきたよ〜って部分、
    両方でもって張り合いになるような一日にしていきたいと思います。

     皆様、ありがとうございました。


     


      

  • Posted by みのり at 14:28

    2016年06月07日

    発表会のお知らせです




     相変わらずの雨女ではありますが、最近は行いがいささか良くなった
    せいか、ここぞ!という日は晴れることもあることが少しあります。

     というわけで発表会が今月26日日曜日に開催いたします。
    全席自由席、入場無料です。ご興味ある方どうぞお待ちしております。

     先月のゲネプロの前後から生徒さんそれぞれの課題や方針や
    楽しみ方が決まったようで、レッスンも更に充実感たっぷり!という
    感じで行なっております。

     何年弾いていても曲に対する気持ちはフレッシュです。
    始めて間もない方ももちろんフレッシュな気持ちで弾きます。

     そりゃあ、出て来る音に違いはあるかもですけど、子どもじゃ
    ないんだから、誰がうまいとかどうとか、そういったレベルの
    話は出ません。それがどうした、ってとこでしょうか〜

     自分の課題をクリアしていく中で、楽しみを見いだしていくのが
    大人の楽しみ方、愉しみ方。
     だから、一つ階段あがれば、次の階段を上がる背中を
    よいしょよいしょと押します。

     そういう努力をずっと重ねてこられているから主役は生徒さんたちです。
    なるべく衣装も彩って頂きたく、黒はだめ、という例年通りの通達をしています。

     私は黒が嫌いですが、この日は皆さんを引き立たせるべく着用予定です。
    まあ、チャイナドレスでですけどね。

     なぜ黒が嫌いかですか?

     子ども時代、男の子とかけっこやら缶蹴り、探偵ごっこ、泥あそび、、
    ばかりしていたものだから、当然親からは白い服など買ってもらえる
    はずがありません。いつも黒っぽい服装でした。
     白い服に憧れても、買ってもらえなかったというヒガミでしょうか。。。
     
     冗談はさておき、一番の理由は、黒という色はとてもおしゃれとは
    知っています。知ってはいるし、TPOによっては着る事もあるけども、
    見渡せば世界は美しい色に溢れているのに、なぜ自分が影のような
    黒を着なければいけないのか、その理由がわからないからです。

     当日の陰の存在は私やスタッフの皆さんです。

     ラストの曲では、全員が立って頭をあげ、キラキラとした演奏を
    いたします。どうぞ、その勇姿を見に来てくださいね。

     お待ちしておりまーす!

     
     

      

  • Posted by みのり at 07:34

    2016年05月28日

    五月も終わり



     樹々や草花の緑に癒される五月も終わり、湿っぽい季節を
    迎えますね。

     ニ胡の音が変になった、いつもと調子が違う、という声も
    多く聞かれます。

     日本の四季をニ胡と一緒に過ごし、人任せではなく自分自身で
    調整しながらつき合えるようになると良いですね。

     どうしたらいいのか、の手助けはいくらでもいつまででもやって
    差し上げます。一緒に考えるのも私にとって楽しいことです。

     自分の好きな音、楽器のコンディションが良い時の音、をよく
    覚えてあげてくださいね。いつかきっとご自身でできるようになるでしょう。
    自分自身のコンディションがあるのと同じで、楽器にも楽器の
    都合があるんです。

     湿っぽい音になっても、今ではマイクや音響の力を借りることが
    できます。限度はありますが、楽器と一緒に湿っぽい気持ちになる
    必要もないよ、ということです。



     全体合奏、個人演奏、と2週続けてのリハーサルも滞りなく終わり、
    これからプログラム、タイムスケジュール、案内ハガキ作りなどに
    入ります。
     
     湿っぽい風も案外好きですので、気晴らしにたまには散歩も
    したいと思います。

      

  • Posted by みのり at 08:42

    2016年05月16日

    いいお顔で



     6月26日(日)のニ胡発表会へ向けていよいよ始動です!

     昨日はラストナンバーの為にほぼ全員が集結し、大合奏の
    リハーサルを行ないました。

     暗譜がまだ〜!という悲鳴に近い声もありました。

     ホルダーを使わないので、立って弾くことにはすぐに
    慣れたようです。
     ですので、新たなる試練をば。

     そう、間奏中に前列と後列が何喰わぬ顔をしながら
    シフトチェンジするのですな。
     こうすると、応援に駆けつけて下さったお客様に
    ほぼ全員のお顔をお見せすることができますね。

     そして、Uストリームならぬビデオ撮影しながら同時に自分の
    表情とフォームを見られるよう、スクリーンに映し出しました。

     快活でいいお顔作りが当日までに出来ますように!ニャン!

     来週は勉強会を兼ねたソロ演奏のゲネプロです。
    さーて、さあーて!

      

  • Posted by みのり at 09:19

    2016年04月26日

    嗚呼 川の流れのように




     今年の発表会のラストナンバーに全員合奏で一曲やってみやうでは
    ないか、ということで取り組んでいるある一曲。

     ここにあれこれ書くと企業秘密漏洩になるので書かないですが。
    つまり、お月謝払って来て下さる方以外に教えるつもりは無い、という
    至極単純な理由ですが。

     少なくとも、譜面通りに弾いてろくなことはありませんよ、という
    レッスンをしとります。

     私のレッスンにうかうか素手で来る人は開始直後から
    青ざめます。
     眠い人はお目目ぱっちり。冷や汗だらだら。平身低頭でお帰りになります。
     普段から、わかってる人は録音、録画、メモ、座り位置、心構えが違います。

     この曲は、こういう曲です。大人数で弾いても、一人で弾いても聴く人を
    感動させる弾き方を伝授します。という前置きでレッスンしてます。

     楽をすることが楽しい、と思っている人はそうすればいいし。
    だけど、私のレッスン受けて、知ってしまってもまだ楽をしたい人って
    いるのかしら?
     まあ、とにかくレッスンに来てくれる人には分け隔てなく、
    全身全霊で教えてます。

     結果は聴く人が公平にジャッジを下すのです。
    冷たい言い方のように聞こえるかもだけど、そうなんですよ。

     何かを求めて来る人は、結果が違います。
    何年かかっても、違います。知ってるんです。
    だから見てて、わかるんです。

      眉間にしわ寄せて叱ったり、きつい言い方も一切しません。
     同じことを何度でも、何度でも、何度でも繰り返しお教えしてます。
     内容が全てで、マイナスの感情を表情や言葉で表すなんてことしません。

      自分の音を聴いてあげてね。

     このキーワードが出たら、何かあるな、と思っていいですよ。

     こんなことまで教えちゃってるなあ、って思いながらレッスンしてます。
    でも先に生きた人だから。先生だから。当然の行為でしょう?

     こんなに全霊を傾けて生きているから、明日いなくなっても
    いいかなって思いながら生きてます。

     何度も何度も同じ事を違う言い方で教えてるかもしれない。
    絶対的に生徒さんをリスペクトしている目を持って接していた
    人がいたってことを忘れないでいてね。

     今日も充分生きたみのりーたでした。  

  • Posted by みのり at 00:21

    2016年04月10日

    久々です


     以前にも書いたかと思いますが、写真がすすすっとアップ
    しにくいので、このブログから少し遠ざかっておりました。

     元気にしております。走り回ってます。家の中でも落ち着く
    ということが無く、次はこれ、その後はあれ、と。

     そういった状況がここ数年加速化してきましたので、
    非常に窮屈に感じていました。

     何かに押さえつけられるという状況が大の苦手な星座ゆえ、
    考えました。そう、休みをたまには取らないといけないな、と。

     そうは言っても、6月の発表会に向けて先生としての
    正念場は、各自への曲選びやアレンジや指導といった
    まさに、「今」なんですね。当日はただ「ハラハラする係」
    でしかないのですから。

     「今」を大事に思ってますので、やはりいつまでも気を抜けない
    毎日を送っております。

     写真を撮ったり、気分転換に料理をしたり、インテリアを
    変えたり、プチ断捨離をしたり、ワイン飲んだりはでも
    続けたいですね。唯一の楽しみかもしれませんね。

     そしてある日どうしても我慢できなくなって、ピョン!と
    日本を脱出するのですね。

     写真はだいぶ遅くなってしまいましたが、毎年必ず
    誕生月にこうして気持ちを届けてくれる生徒さんからの
    ケーキです。
     ごちそうさま!







      

  • Posted by みのり at 10:32

    2016年02月29日

    新橋亭さんでの演奏



     本日こちら、新橋亭さんでの演奏は中日でした。
    明日が千秋楽です。

      リクエストにも応えさせて頂いたり、楽器についての熱心なご質問も
     頂いたり、と毎回フレッシュな出会いのある演奏の場です。

      素晴らしいお料理とお茶のそれぞれに出会える、伝統のある
     大きなお店です。今日もお宝のお写真も拝見することが出来ました。
     さーーて、なんでしょう??うふふ。

      また、オールドチャイナのインテリアが好きな私にとっても
     居心地の良い、ゴージャスでいてホッとする場所です。

      ずいぶん以前に北京で買っておいたチャイナシルクの
     生地をドレスに仕立てて、新橋亭さんでの演奏用に、と大事に
     している衣装もいくつかあります。

      緊張もし、新しい出会いもし、素晴らしいお料理も堪能できるという
     素敵な時間を過ごせるのは、ニ胡を専門として生きているご褒美だな、と
     最近感じます。とてもありがたいことです。

      なんの言葉も雑念も消えて、弾いている曲に没頭できる数分感は
     私にとっての桃源郷です。


      明日も心に響く演奏に全力投球です。


     新橋亭さんのHPはこちら↓↓↓
    http://shop.shinkyotei.com/html/page1.html  

  • Posted by みのり at 23:45

    2016年02月25日

    音楽もイイ


      若い人のことはわからん、という声も聞かれることの多いもの
    ですが、わからないから面白いのではないのか?とも思いまする。

     思わず、ガクッと膝を折ってしまうことを言ってのけるその人と
    大笑いしちゃう時間とその若い人が、とっても愛おしく感じられたり
    します。

     逆に、少なくとも私より少々先輩の口から、めちゃんこ画期的な
    枠にハマらない提案を受けると、これもガーーーン!っと膝が崩れ
    落ちますね。
     
     また、海外へひょいと出かけるとこれまた膝を折るどころか
    のけぞるようなことも多く、ずっと健康体でいてまだまだこれからも
    あちこちウロウロしたいーー!!と思うのであります。




     
     寸暇、というものを探すと、寝入る一歩手前の数分というものが
    ありまして。


     時間のあった以前は、最寄り駅の二階にあるとある本屋の一角で
    憩いの時間を見つけたものですが、今の状況はそれを許してくれません。

     ですので、「こんな私のためにすまん!」という思いで○マゾンさんに
    発注した品を手に取る夜中、なのです。

     その中に、孔子が嬉しいことを言ってくれてました。

     「音楽はイイ」

     ということです。

     「アイツの演奏は下手でかなわん」


     ということも言っておられたようです。

     
      お知りになりたかったらご自身でお調べくださいまし。


      今日の「寸暇」はどういう言葉で私を励ましてくれるのか
    楽しみな数分です。

     
     因に私の俳号は「寸」でやんす。  

  • Posted by みのり at 00:16